BTOを分解して自作するのも楽しい

もう自作面倒ならBTOでいい。てかBTOとか自作ならOS買わなきゃだから。自作じゃなくてBTOにする。BTO=製品を組み合わせて自分のカスタマイズで注文出来るパソコン。自作ではない。PC=正解。MR=マルチロール(どんな兵種も使える)これが答え。PC調子悪いし点検(出せたら)出してダメだったらデスクトップに乗り換えようかなと。友人にBTOとかどうなのって相談したら自作をひたすら推された。BTOに拘らず大須とか見に行くと良いとのことだけど安くても10万ぐらいは見込まないといけないかな。昔はまともなPCが売ってなかったから自作が大正義だったけど、今はショップのBTOが自作と同等だから作った後に自分で差し替えられるし稼働テストもしてくれるから便利になった。案外高い。世の中の多くの人が買い求めそうな電器屋PCには、大体最初から入ってるものなのかな。逆にOfficeが入って無い場合って自作かBTO層≒PCゲーミドル層以上なのだろうか。

自作すると大抵1万円くらいは安くなる+15万以上のものはBTOがかなり割高だけど、パソコンそのものに興味無かったら自作する意味は無い。PCゲームやらないなら尚更。自作にしよって思って見積もりだしてるけどBTOより断然安いし今のPCの電源そのまま使えるしな。自作ではない。BTOっていう半カスタマイズみたいなアレ。この手の初心者向けBTOとか自作解説サイトの電源の盛りっぷりは異常。FX+CFXでも650Wで間に合ってしまって困惑。自作は諦めて10万でBTO。てかノートの自作ってBTOとかじゃなくパーツ買ってやった。できればノート作りたいけどあんまいいサイト見つかんない。自作とかBTOなら先にドライバをダウンロードしておくといいかも。ぶっちゃけ秋葉とかがほとんど交通費掛けなくていいくらい近いとかじゃなけりゃ、自作PCよりBTOの方が安くつくこと多いんだよね。