自作PCの醍醐味は構成を考える楽しみにある

今あるパーツを流用できる分、PC自作した方が安上がりな気がしてきた。BTOパソコンで構成だけ決めて自分でパーツ探そうかな。こう言うと怒られるかもしれないけど、自作PCを構成するのってポケモンのPTをガチで考えるのと通ずる何かがある気がする。普通のメーカー製PCを購入したほうが安い。自分個人としての自作PCのメリットは構成の自由度、特にゲーム性能と保存領域の選択肢と思っている。WindowsやOfficeなどソフト側の影響で金額は高くなるほうが多い。最近、PCを組み直すたびに構成パーツが減っていくから、自作断捨離をやっている気分になる。自作PCの醍醐味はやはり構成を妄想して、そこから何が出来るか更に妄想を広げて行く事だと思う。その論法で『うまいマジックイメージを構成できたか、PCの知力判定でいいですか?』と言われたことがあるな。同様に戦闘の戦術選択をPCの知力判定でやってもいいし、そもそも全部PCの能力で処理するなら、戦闘はダイス1発判定で十分で、いちいちターンとかスクエア戦闘すること自体無駄である。

ドスパラのNVIDIA GeForce GTX980M搭載ノートPC欲しいけど真面目に構成したら30万弱するな。ちょっとキヨミズにも度があるな。PC構成考えるの忘れてた。PC構成は2d6で7以上を出す簡単なお仕事。パソコンでも自動再生しないようだから、きちんとファイル構成をし直したものを交換すべきかな。今まで、なかったパターンだから。マシンのパーツ、何でもかんでも金をかければ良いという考えはつまらないと思う。限られた予算(制約条件)の中で、Web閲覧用|ヘビーゲーム用|ライトゲーム用|サーバ用|クライアント用|汎用といった用途(目的)を満足できる構成を考えるのが、自作PCの醍醐味だと考えているから。自作pcの利点はCPU極振りじゃなくて自由に構成できること。アキバ散策楽しいな!コスモスⅡやらV8GTSやら実物見るとほしくなる。自作PCの構成考え直そう。