小型スリムPCは自作しやすい

自作するとしたらこんな構成にしようと思う。 サプライマンは資金不足。自作TCGマンも楽しそうでは有るがどうしても商業のが似たようなアイディアをより高いレベルで構成してくるのが辛みである。気づいたらパソコンの構成考えてる程度には自作erやってる。自作PCは「どのCPUを乗せるか」または「どのマザボを使うか」で構成が決まる。でも、マザボが決まればそこに乗せれるCPUとメモリが決まるからな。さて明日中に自作PCの構成考えなきゃな。自作PCの構成考えてけど、凄く高くなった。帰ったら相談しよう。決めた。i5-4590SにGTX750tiにRAMは8GBって構成の小型スリムPC自作しよう。

Pc自作しようと構成練ってるけど、頭パンクしそう。PCの不具合を訴える知り合いのPCを見たところなんとまさかの自作。兄が作ったらしく本人は構成について気にしたことも無い模様。グラボ積んでないしブルスクばかりって言うけど。A10 5700を埃まみれのリテールファンと窒息ケースで使ったらな。自作の構成まで考えてたけど、万屋でほぼ同じスペックのiMac10万で売ってたから買ってしまった。静電気に気をつけるのは自作PCの基本として、PCの構成に合った出力端子の数があればOK 吟味する点は電源の中のコンデンサとかあるけど基本地雷メーカーとか型番はぐぐりゃ出てくるからそれ以外であれば。欲しがってるような構成のパソコンなら自作するのが一番だ。自作機って十分余裕がある構成で組んであげればヘタなメーカー製より持つ。自作PCの醍醐味は性能とコストのバランスを取るためにパーツ構成考えること。