自作PCには大容量HHDを搭載させよう

無償アップグレードのWin10はライセンスがデバイスと紐づくっぽいから、自作PCとかで大幅な構成変更があるとすんなり認証できなくなる可能性が高い。近々組み直しの予定があるなら今アプグレするのはやめておいたほうが良さげ。Win10いつアップグレードするか悩んでたけど、自作PCではしないほうが良いみたいだ。アップグレード後パーツ構成を変更すると2度と認証されてないようで、結局Win10のパッケージ版を買わないと行けないという作戦だそうだ。今、自作PCに熱を上げてて大容量ストレージを妄想してMTBFとかを計算して、やっぱりRAID5/6って小規模な構成で威力するんだな。もしくは、他のRAIDレベルと組み合わせてHDDの元のスペックからシステム全体のMTBFをコントロールしたり。ミラーリングからは逃れられない。

無事アップグレード出来ることを願う。なんせ自作PCだしある意味で特殊な構成なので音が出ないか使えなくなるソフトもありそうで怖い。よく誤解されてるけど、自作PCやってた人間からすると当時のPCベンダのハードウェア構成が酷すぎたんだよね。CPUのクロック周波数を少しでも高くするために、メモリ容量やGPUのコスト削り倒してた。他人の自作PCの構成を考えるのが何故こんなにも楽しいのか。それは自分で組む必要は無いんだけど組みたい欲求がすごいあるから。Win10入れようかとノートPC綺麗にしたんだけど考えさせられる事が。無償アップデート物だとハードウェアの構成必要になった場合、アクチさせてくれないのか。ノートはいいけど、自作PCってピンチだ。